ブログ記事

よくある質問・疑問

トップ > よくある質問・疑問 > コンクリートとアスファルト、どちらで固めればいいのですか?違いや疑問、メリットデメリットを教えて下さい

コンクリートとアスファルト、どちらで固めればいいのですか?違いや疑問、メリットデメリットを教えて下さい

駐車場を固めたいのですが、コンクリートとアスファルト、どちらがいいのでしょうか?全くわかりません。

 

お互い原材料には共通点があります

どちらも同じく、基本的に使う同じ原材料があります、それは砂と砂利です。この砂と砂利を何で固めるのか、ただそれだけの違いなのです。また、砂や砂利も細かく分類され細骨材や粗骨材等、多種多様、専門的に分類されますが、基本的には砂や砂利を使う事は同じく、同一の共通点があるのです。

 

何で固めるのか?

セメントで固めるのがコンクリート、油で固めるのがアスファルトです。セメントは水を加える事により固まり、油は加熱する事により固まります。

 

土間コンクリート仕上げ→セメントに水を加えて固める。

アスファルト舗装→油に熱を加えて固める。

 

強度・頑丈さ

 

断然コンクリートの方が強くて頑丈です。しかしアスファルトも皆さんがご存じのように道路舗装で使われていますように、十分な強度があります。毎日毎日、大きなトラックやトレーラー、クレーン車まで道路で頻繁に走っていますように、一概に強度が弱いとは絶対に言えません。

 

耐久性・持ち

アスファルトの耐久性については、皆さんが日頃目にする事として解りやすくお伝えしますと、道路の「わだち」凹みではないでしょうか。特に大型車が頻繁に通行する交差点手前の多くは凹んでいますよね。接地頻度や荷重負荷の部分ではどうしても凹むわけです。コンクリートも同じく、歩行するところだけや、自動車のタイヤだけが頻繁に接地する部分は、他の部分とは違って劣化の速さも違ってきます。

 

どちらも雨水等の排水計画が重要

どちらも雨水等の逃げ道、排水計画を考慮しないといけません。もしご自宅の屋根に水が溜まったりしてはいけないのと同じように、雨天時の雨水が溜まりっぱなしでは困りますよね。その為には水が流れるよう勾配傾斜を取って施工計画したり、雨どいと同じように、雨水枡や側溝を設けてやらない行けないのです。

 

なぜコンクリートとアスファルトがあるのですか?

 

皆さんが毎日暮らし、生活する現代、すなわち公共性と言う観点からすれば、法律や法令で決められている制限があり、このような場所では、コンクリートを使いなさい、あのような場所では、アスファルトでOKです、とかルールに基づいた使い道があります。

 

一般住宅や個人の私有地等には制限はありません、どちらと言えばデザイン性を求めた欲求充足的な要素が大きのでしょう、だから色々な商材があるのです。

 

アスファルト舗装が道路で多く採用されるには工事のしやすさや、コストの面で優位だからでしょう。現代風に言えばコスパに優れた舗装材なのです。そのコスパに強さを求めたのが、コンクリート舗装なのです。例えば、空港や大型倉庫をご覧ください、重量物が頻繁に頻繁に走るから、コンクリート舗装が多く使われているのです。ちなみに大きな橋や高架橋の、アスファルト舗装の下には下地として強固にするためコンクリートが敷かれています。

 

おしゃれ度合いやデザイン性

一般的にアスファルトは黒くて何か寂しいとか、コンクリートは真っ白でどことなく殺風景と言う、お声も聴きますが、実はアスファルトも色付きのアスファルト舗装仕上げもあるのです。コンクリートもご存じように、製品化された平板やインターロッキングブロック、レンガ敷きや自然石等、バリエーションは豊富にあります。

 

誰が工事をするの

 

コンクリートは私どものような、外構業者の専門業者が行い、アスファルトは舗装専門の工事業者が行っているのがほとんどです。

 

どこへ依頼すればいいのか

コンクリート仕上げに関しては、外構業者さんや左官屋さんに依頼すればいいと思います。アスファルト舗装も同じく、専門業者さんに依頼すればいいでしょう。

 

気になる費用

ネット上では断然、アスファルト舗装の方が費用が掛からないと言う、キーワードが見受けられますが、これも一概には言えません。なぜならば、工事のと言うのは場所場所や条件によって、工事の手間に影響があり、手間は費用に加算されるのです。特にアスファルト舗装は人手間以上に、大型機械を用いたり、機械を搭載した専用作業車の出番が大きかったりするので、一概には言えません。

 

まとめ

物には一長一短がありますように、何が良いとか何が悪いとか判断基準は無く、ただあるのは素材の違いだけです。とかく現代社会ですので、原材料からの品質管理は徹底されていますし、工業製品のオートメーション化があるように、以前に比べれは粗悪な商品はほとんど皆無ですので、素材に関しての心配はございません。お客様ご自身の目で調べ、一番安心して納得できる方を選んでいただければ幸いだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

資料請求

無料お見積り