施工技術のご紹介

ソックリート

トップ > 施工技術のご紹介 > ソックリート

ソックリート工法とは

 

ソックリートは、現状の土間コンクリートを残したまま、コンクリート面に加工を施す工法です。簡単に例えますと、外壁塗装の塗替え同様に、古くなったコンクリート上に塗装を施すと言った作業だとご理解ください。

つまり、土間コンクリートをハツリ撤去したり、壊さずそのまま下地面として利用するので、撤去費用はご不要、作業時間も短縮するので、お手頃価格での提供が可能となります。

また、豊富な色やデザイン模様柄もご用意しておりますのでお好みの模様から、お好きな色をお選びただけます。

素材は普通セメントの2~3倍ある高強度セメントを使うのでコンクリートとの相性も良く、耐久性・付着強度もあり、最後に保護剤を塗る事により劣化抑制、耐色性・耐摩耗性が向上するので、長い時間ご安心してご利用頂けます。

今ある駐車スペースや玄関アプローチ、コンクリートを壊さずそのまま利用でき、尚且つおしゃれにきれいにリニューアルしたい方には、最適な工法加工技術となり様々なシーンでご利用されています。

 

ソックリートの施工の様子

足元に敷き詰めてある、白い目地模様はカッティングシートとなっており、床面に張り付けて専用のプレミックスモルタルを塗りつけている工事の様子です。

 

 

ソックリート施工例

施工前

施工後

 

施工前

施工後

 

施工前

施工後

 

 

ソックリートを使った施工事例 

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

資料請求

無料お見積り