施工技術のご紹介

スタンプコンクリート

トップ > 施工技術のご紹介 > スタンプコンクリート

スタンプコンクリート工法とは

 

スタンプコンクリートとは、コンクリートの2~3倍の耐磨耗性があり、ほこりが出にくく、紫外線に強く色褪せしにくい舗装材です。

コンクリート打設と同時施工するので、作業時間が短く、安価な施工が可能な工法です。

レンガや大理石などの質感をスタンプで押したように仕上げていくため、自然石や本物のレンガと見間違うばかりの質感と自然な色調が最大の特徴で、施工性、デザイン性、耐磨耗性、退色性に優れたコンクリート舗装です。

コンクリートと完全に一体化しているため、目地から雑草などが生え出てくることもなく、手入れなしでも長期間にわたり美しさが持続することも特徴です。

着色に使う材料は、コンクリートの表面強化を兼ねており、劣化防止、耐磨耗、強度向上になります。 かつ着色剤を、まだ硬っていないコンクリートに直接擦り込むように仕上げますので、剥がれず、色落ちもしにくいことも人気の秘密です。

ご家庭のアプローチはもちろんのこと、商業施設全般、アウトレットモール・ショッピングセンター・飲食店・レストラン・事務所の床などのほか、テーマパーク・ホテル・遊園地・動物園・植物園・駐車場など、様々な場所で利用されています。

 

 

スタンプコンクリート施工の様子

 

 

 

スタンプコンクリートを使った施工事例