施工事例

ソックリート

トップ > ブログ > 外壁塗装の塗替え同様、古く傷んだ土間コンクリートや、薄汚いブロック塀をリニューアルした工事事例

外壁塗装の塗替え同様、古く傷んだ土間コンクリートや、薄汚いブロック塀をリニューアルした工事事例

こんにちは、スタンプコンクリート職人・メイク・プラスターの荻野です。

弊社にご相談いただく工事内容の一つに、「今ある駐車場の土間、コンクリートをおしゃれにしたいのですが、、、剥がれてきたのてどうにかならないのかしら、、、」と言いますような内容で、ご相談をお寄せ頂くケースがございます。

DSCF0008_R

今回はそのようなお悩み事の経緯から、解決に至った弊社の加工技術、ソックリート工法を使った実例をご紹介したいと思います。

斎藤邸0011_R

こちらは塗装工事業様から請け負った工事でした。見た目のデザイン、グレード関しては、もちろん本物の石やタイルを使ってデザインすれば、よりおしゃれな外装となりますが、そこはやはりコストがネックになってきます。

斎藤邸0043_R

そこで弊社の加工技術をご提案頂き、石張り風なデザインを盛り込んだ、工事と至りましたケースです。

DSCF0010_R

土間と壁面には石張り調で施工。石張りの上部はジョリパットを使った塗り壁仕上げ。

斎藤邸0028_R

車や重量物がのっても剥がれる事ない素材、材料を使用しております。

2 (2)_R

理容店様からのご依頼工事です。薄汚くなったコンクリートをきれいしたいとのご要望でした。

2 (1)_R

駐車場での施工条件は、勾配傾斜も若干きつく、車両のハンドルによる剥がれも懸念要素として計画しました。

2 (3)_R

乱形石張り風のデザインで、色はクリームっぽいソフトな色合いで施工。

3 (2)_R

敷地外の前面道路から玄関までの高低差があるこちらのお宅では階段での施工。

3 (1)_R

タイル調の柄と、扇状のピンコロ石風に仕上げ。

3 (4)_R

老人保健施設様のエントランスホールを施工しました。当初の設計段階、仕様では塗床剤でコーティングする計画でした。

4 (2)_R

屋外でしたら、コンクリートの素地状態のままでもアリなのですが、表面の性質上、ホコリや塵が発生しますので何らかの被覆状態にしなければなりませんでした。

4 (1)_R

洋風っぽいデザイン、乱形石張り風の駐車場。クリーム色の表面に、もうひと手間かけ着色しました。

浦崎邸_0024_R

樹脂舗装材の表面をそそままの状態、直塗りで施工しました。

6 (2)_R

樹脂舗装は接着剤で固めて行う方法ですが、お客様はどうしてもお気に召さず、弊社の加工技術で行う運びに至ったケースです

6 (1)_R

こちらは外壁の塗替えを行った直後の、施工前の状態です。

7 (2)_R

せっかくキレイになった外壁でしたが、当初は何もしない予定の、古いブロック塀の汚れが気になり、レンガ風のデザインで行った事例です。

7 (1)_R

こちらは、同業者様である、外構エクステリア専門店様からのご依頼工事です。

山本邸_0005_1_R

冬期、冬の凍てつく時期での作業で、避けきれぬ天候不良と言いますか、降雪によりコンクリートの表面が凍てついた事案でした。

山本邸_0017_R

凍てついたコンクリート仕上げの表面は品質上、何ら問題は無いのですが、お施主様にとっては納得されず当社にご相談がありました。

山本邸_0003_1_R

このように私どもは、一般のお客様はもちろんの事、工事業者様や同業他社様からのご相談も受けたまわっております。

山本邸_0032_R

技術上のトラブルから特別なご事情等、また、対象下地がセメント・コンクリートなので、「左官屋さんに聞いてみよう」感覚でのお問い合わせです。

もしそのような事でお困りでしたら、是非ともお気軽にお声掛け下さい。各種お問い合わせ方法関しましてはこちらよりお願い申し上げます

一覧に戻る