ブログ記事

ブログ

トップ > ブログ > 工事現場の進み具合い

工事現場の進み具合い

こんにちは、メイクプラスターの荻野です。

直近の工事現場をご紹介したいと思います。

●T様邸新築外構工事

ハウスメーカー指定工事店様からの下請け工事。特にデザインや外観にこだわる事もなく、機能重視のプランでの工事は、駐車場スペースの確保とポスト・表札・インターフォーンだけのご依頼要項です。

7_R

●M様邸新築外構工事

新たに開発された宅地分譲地では更地状態です。住宅工務店様が本格的な新築工事が始まる前に、敷地整備の一環として施工する境界ブロック工事での状況です。

6_R

境界杭を基に、縦横・水平・高さを測量してブロックの基礎を工事していきます。住宅工事完成後、本格的に外まわりの工事に、またお世話になる事となります。

5_R

●モルタル造形工事

新築アパートの外構工事で、建物の名称となる看板をオシャレにモルタル造形で工事しています。レンガ模様を好みのイメージ風合いに筆を使ってエージング塗装しています。

4_R

基礎のブロック塀に下地となるサンドモルタル材を塗っている状況です。

3_R

●スタンプコンクリート工事

新築アパート工事でのアプローチ通路部分にスタンプコンクリートで施工、最後の工程で保護剤を塗布しています。

2_R

こちらはところ変わって、駐車場スペースでの作業です。

1_R

工事現場での作業工程は、天候や季節によっては大きく工程が変わる事があります。

また、敷地や立地条件によっては、もっと細部にまで気を使う事もしばしばで、手間や材料を吟味しながら対応する事もあります。

作業も四季折々と、臨機応変な対応をしながら工事している今日この頃です。

一覧に戻る

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

資料請求

無料お見積り