ブログ記事

ブログ

トップ > ブログ > マキタのエンジンブロワー、エレメント交換でリカバリーしてみました

マキタのエンジンブロワー、エレメント交換でリカバリーしてみました

こんにちはスタンプコンクリート職人です。

こちらの機械はマキタ製のエンジン式ブロワ―EUB4250SP、ガソリンエンジンの動力源をもとに、風を送る機械です。現場での用途は、セメントのカスやホコリ等、ゴミを吹き飛ばす為に使用しています。

DSCN0316_R

他にも用途はたくさんありまして、枯葉や草、小さな枝木を吹き飛ばし集める機械です。みなさんも道路で樹木の剪定や除草作業で見かけた事がおありではないでしょうか。

DSCN0317_R

予てからエンジンの始動が悪く、メーカーに修理依頼をしてみたものの、以前とあまり変わらぬ状態で、スタッフの皆、微妙な感触踏まえながら使っていました。

エアクリーナーの清掃は一通りしたものの、相変わらずでして、スタッフみんなでああでもなく、こうでもなく、難癖言いながら使用し、ちょいと現場で悩みの種でした。

左が長年使っていたエレメント消耗品、右か新品パーツ
DSCN0318_R

ところがどっこいある日の事なのですが、いつもの社用車オイル交換時に何気にスタンドの店員さんが「エレメントも交換します?」と聞かれた後、ピンときたので、早速、エレメントスポンジとフェルトを注文して交換。一発で始動し購入時の快適さに戻り解決と至りました。

DSCN0319_R

一覧に戻る

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

資料請求

無料お見積り